私たちのこだわり

peculiarity

Our Priority
最適な治療を 最善をつくして

私どもは「人の心を、人生を豊かにする」ための歯科クリニックです。
「生涯きれいな歯と美しい笑顔で、大切な人・大切な時間を幸せに過ごせる、美しく魅力的な人生が送れるお手伝いをする。」という考えのもと、
当クリニックでは、検査から治療、メインテナンスまで責任をもってお手伝いさせていただきます。

設備の充実度は、安全で確実な治療をうけるために重要なポイントとなります。
当クリニックでは、より精度の高い治療を提供するために、歯科用CT・マイクロスコープ・ガイデットサージェリーなどの設備を完備しています。
治療を行うのは医師であり、医師の治療技術や経験も必要ですが、どんなに腕の良い医師であっても、最適化された設備があることで、より精度や安全性を高めることが可能となります。

infection control
徹底した 衛生管理

当クリニックでは治療時に徹底的な感染予防に努めるため、どんな小さな器具でも患者様一人ひとりに滅菌された物をご用意し、手術を行います。
また、インプラントをする歯科クリニックは、患部に菌が入らないよう、滅菌レベルを上げて手術をしなければなりません。空気中にも当然、見えないチリ・ホコリが浮遊しておりますので、その対策も必要です。
そして、治療後も患者様ごとにエプロン・コップなどを使用し、1回ごとにユニットを消毒し、床もきれいに清拭します。使用器具は全て安全で有効な消毒で殺菌します。

また、当クリニックでは歯科用ハンドピースを使用毎にオートクレーブで滅菌しています。
歯科医院で口の中に入れる医療器具の半数が交換されないまま別の患者に使用されている実態が、厚労省の調査結果で明らかになっています。
調査結果では、「患者の都度交換している」が約半数の52%、「感染症患者と分かった場合に交換・滅菌」が17%、「状況に応じ交換・滅菌」が16%、「消毒薬で拭く」が14%でした。
これでも改善されたという見方がなされているのです。

この衛生・滅菌管理こそ感染対策に非常に重要であり、私たちのこだわりの一つでもあります。
「自分たちが受けたい治療を患者様にご提供する」という信念からも、スタッフを含め、みなさんに安心して当クリニックにお越し頂くためにこれからも衛生・滅菌管理を徹底していきます。

device
こだわりの設備

フラワーデンタルクリニックでは、私たちの考え、診療方針に共感してくださったあなたに、安心・安全・快適な、より良い歯科医療をご提供するために、こだわりの設備を多数導入しております。

ctt1 (1)
歯科用CT 3D・パノラマX線装置

3D・パノラマX線装置 ベラビューエポックス3Dは、三次元的なCT撮影ができます。得られた画像は立体的に表現されるので、通常のレントゲンではよく分からなかった細かな形状が、手に取るように分かるようになりました。この3D・パノラマX線装置を用いることでより正確な顎骨の診断が行えるため、う蝕、歯周病やインプラント治療をより正確に、より安全に行うことができます。また、この3D・パノラマX線装置は、従来のレントゲン撮影装置に比べて放射線の被爆量が少ないため、安全性は格段に向上しています。

ライカ マイクロスコープ

ライカ マイクロスコープは、より良い施術を行うために開発されました。この顕微鏡は微細な部分も観察できる高い光学品質と、長期にわたり快適に治療を行えるよう人間工学的なメリットも提供します。 カメラで撮影した動画や静止画を使って患者様へ治療の説明をすることができ、またそのデータを患者様のカルテに転送し、包括的に記録することができます。

nc1
ガイデットサージェリー

CTスキャンデータを用いて、3Dシミュレーションソフト上でインプラントの埋め入れ位置を設計いたします。その設計データをもとにインプラント埋め入れガイド「サージカルテンプレート」を作製いたします。このガイドにはあらかじめシミュレーションで算出したインプラントの種類、入れる場所、角度などが正確に記録されております。
手術はこのサージカルテンプレートを歯肉に装着し、あらかじめシミュレーションで算出したインプラントの種類、入れる場所、角度などが正確に記録されておりますので、安心、確実なインプラント治療を提供することができます。

tero1
iTero

iTeroは従来の手作業で取る印象方法では実現できなかった、非常に高精度の3Dデータを作成できる機材であり、従来の方法とは比にならないほど高い精度で患者様の歯並びとかみ合わせを再現できます。これによって、作成されるインビザライン・アライナーのフィッティングが上昇するため治療精度が格段に上昇するほか、従来の印象採得時の苦痛軽減といった様々な点において患者様にとってのメリットははかりしれません。

tero2
クリンチェック

アライン社独自に開発したクリンチェック・ソフトウェアを用いて、ドクターによって作成された治療計画書に基づき「クリンチェック治療計画」が作成されます。患者様は、このクリンチェック治療計画を見ることで、治療開始時の歯牙の状態、治療終了後の状態、歯牙移動の途中経過などすべての治療ステージをあらゆる角度からコンピューター画面上で確認いただくことができます。

cer1
セレックシステム

従来の補綴物は、歯科技工所に製作依頼をするため出来るまで長い時間と高い治療費が必要でした。
しかし「セレック」は、医院内で補綴物が完成します。
高い品質を保ちつつ、従来よりも安価でありながら、オールセラミックスの補綴物を提供します。

esg2
供血用遠心機

足りない骨や歯ぐきの再生を促すCGF(骨補填剤)を、患者さま自身の血液から生成します。ご自身の血液から生成した添加物の一切含まれないCGFを使用することで、拒否反応や感染症のリスクを回避でき、安全に手術を行うことができます。

07801000_01-1
クラスBオートクレーブ

歯科治療で血液や体液と接触する可能性のある材料や器具には様々な形状のものがあり、それぞれの形状に適した滅菌サイクルで滅菌する必要があります。
ヨーロッパ規格EN13060ではクラスB、クラスS、及びクラスNという3種類の滅菌サイクルのクラスがあり、唯一クラスBサイクルだけが全ての形状の被滅菌物(固形、中空物、多孔体、一重包装、二重包装)を滅菌できます。患者様の安全・安心のために、世界最高水準のクラスB滅菌器で感染対策をおこなっております。

ハンドピースメンテナンス装置 1

日々の診療に不可欠なハンドピースのメンテナンス(注油・洗浄)を自動で行うルブリナは、それぞれのハンドピースに合った注油量、ブロー時間がプログラムされているため、最大4本のハンドピースを短時間で自動的にメンテナンスできます。クリーンエアーブローシステムにより、ハンドピース内部の隅々まで、しっかりと注油・洗浄し、手差しのように、人による作業のバラつきが無く安定したメンテナンスを提供します。
当クリニックではハンドピースを使用毎にオートクレーブで滅菌しています。

ccl2
ハンドピースメンテナンス装置 2

当クリニックでは、1日に多くの患者さんが来院されます。そのため、滅菌工程にはそれ相応の時間を要するため、患者数に対応できるだけのハンドピースの本数を用意しております。
ハンドピース専用滅菌器は、2台体制としております。
1日に複数回にハンドピースの滅菌作業を行い、ハンドピースを1本ずつ袋詰めして保管しています。

ccl1
ガス消毒器

従来のオートクレーブはどこのクリニックでも導入はしており当院でも導入していますが、このガス殺菌器は、まだまだ導入しているところが少ないのが現状です。
その効果は一般殺菌、MRSA、緑膿菌、梅毒トレポネーマ、結核菌、真菌、芽胞、脂質を含む中間サイズウイルス、脂質を含まない小型サイズウイルス、HIVウイルス、HBVウイルスとほとんどの微生物を殺菌する事が可能です。
従来のオートクレーブでは消毒できないゴム・ビニール・プラスチック類器具を常温・常圧で消毒を実現させています。

pico1
ダイオードレーザー(半導体レーザー)

ダイオードレーザーは、疼痛の緩和や創傷の治癒促進に使われてきましたが、切開・切除などの外科処置まで可能になりました。くわえて、高い止血効果を持つことが発見されました。外科処置だけでなく、エンド、ペリオ、インプラント周囲炎などの殺菌、歯肉圧排、ホワイトニングにまで使われる世界で今もっとも注目されているレーザー装置です。

prw2
歯周病菌殺菌システム

メチレンブルーを主成分としたバイオジェルで細菌を染色し、無熱の赤色光と化学反応させる事で活性酸素を発生させ細菌を死滅させます。インプラント周囲炎に対しても効果的で現在世界が注目している最先端の光殺菌技術です。

ptes2
ペリオテスト

インプラントの動揺度を肉眼で確認することは非常に困難であり、また不確実です。
この機械を使用して、インプラントがどの程度骨と結合しているかが数値化され、定量的な評価が可能になります。
ペリオテストを使用することにより、被せ物の型を取るタイミングや、また経過観察時のインプラントの状態を定量的にに把握できます。

mjw1
器具除染用洗浄機

消毒・滅菌の世界基準である「ISO15883」に規定された「93度+5分間」という条件をクリアした、歯科治療で使用した器具の洗浄・すすぎ・消毒・乾燥を自動的に行う熱水消毒器です。
感染の原因となる血液や唾液などのたんぱく質の汚れを落とすだけでなく、93℃の熱水ですすぎを行うため、高レベルな熱湯消毒が可能です。高い水圧と徹底した温度管理による洗浄で、感染リスクを軽減します。

位相差顕微鏡

位相差顕微鏡とは、鮮明画像で生きたままの口腔内の細菌を、患者様自身が観察できるものです。
また、パソコンに取り込むことによって口腔内映像や写真を、患者様に説明することができ、これによってしっかりとしたインフォームドコンセント(患者様への説明と同意を得る事)を円滑にし、共に理解を深める事が出来るのです。
生きたままの口腔内細菌観察をはじめ、明視野観察・赤血球観察に適した暗視野観察が行えるので、患者様は鮮明な画像を見ながら、しっかりとした説明を受けることができ、ご自身の口腔内の細菌の事実を様々な角度から知ることができます。
歯周病治療・予防に、しっかりとした処置をとっていきましょう。

k7t1
K-7システム

かみ合わせのずれは、歯型だけではわからず、顎の正しい位置がわかってこそ、かみ合わせのずれがどの程度かがわかります。
かみ合わせのずれは、顎の位置のずれによって生じ、顎のずれは、顎の筋肉や顎の関節に相当なダメージを与えている場合が多いのです。
複雑な原因によって生じるこの顎関節症の診断に「K7エヴァリュエーションシステム」という検査機器を導入しています。
K-7とは、筋肉の働き、顎の動き、正しい顎の位置を正確に測定することができる装置です。
また、顎の動きを3次元的に調べ、顎の運動やそのスピードなどを調べ、診断に用います。より正確な顎関節症の診断が可能となります。

my1
マイオモニター

マイオモニターは、持続時間0.5ミリセカンド、電圧11〜12ボルトの矩形波パルスを1.5秒に1回発生する装置で、左右下顎切痕から頚部背面正中部に向けパルスを送ることで第V・第VII脳神経幹を経皮的に電気刺激(TENS)し、第V・第VII脳神経支配下の筋の一過性同時収縮を惹起することで、咀嚼筋の異常な緊張を緩和し、筋リラクゼーションがはかれる理学療法装置です。

fpt2
歯科用吸引装置

歯科用の口腔外吸引装置「Free-100Plus」を導入しております。
処置時に起こる飛沫・粉塵・エアロゾルを一次フィルタ(集塵フィルタ)と二次フィルタ
(ULPAフィルタ)でしっかり捕集し、熱、紫外線、プラズマイオン照射でウィルスと細菌を除菌し、きれいな空気を排出します。

生体情報モニター

高度な手術を行う場合、患者さまの様子や顔色だけでは全身状態を把握できないことがあります。
当クリニックでは脈拍・血圧・酸素飽和度・心電図を同時に知ることができる生体モニターを導入しております。
治療中はもちろん、治療前後の状態を正しく把握できるようになります。
特に、心臓疾患などの全身疾患をはじめ、治療に不安をお持ちの方も、安心して処置を受けられます。

パーフェクトペリオウォーター

PPW(パーフェクトぺリオウォーター)®は、 野口歯科医学研究所が2005年に開発した、人体への影響を最小限に抑えつつ、バイオフィルムを作る歯周病菌や虫歯菌を殺菌する効果のある口腔機能水です。人間の免疫細胞と同じ殺菌成分であるHCLO(次亜塩素酸)と、バイオフィルムの破壊効果のあるNaHCO3(炭酸水素ナトリウム)が含まれた電解水であり、歯周病菌や虫歯菌の周囲にあるバイオフィルムを破壊し、99.9%殺菌することができます。
<使用方法>
●1日2回、朝と就寝前の洗口です。
●歯磨きをしてから、常温にて1回分の目安約20ml(キャップ4杯分)を口に含みブクブクうがい10秒ガラガラうがい10秒の計20秒間うがいをしてください。
<使用上の注意>
●使用期限は常温保存で3ヶ月、冷蔵保存で6ヶ月です。
●使用後は濃度が薄くなってしまうため、キャップを速やかに締めてください。
●内服液ではありませんので飲まないでください。
<価格>
2200円(税込)

ご購入はこちらから